埼玉県恵愛病院での計画無痛分娩!まずは予約が大変!?

恵愛病院といえば無痛分娩
人気が高いので、予約が大変なんです。
そんな計画無痛分娩予約36週以降
なので、36週0日の段階で、予約をしてきました!

スポンサーリンク

恵愛病院では無痛分娩が大人気

無痛分娩の予約日時&予約方法

まず無痛分娩の予約は、36週以降にならないとできません。
とはいえ、それより1週間も過ぎてしまえば、予約ができなくなってきます。
ですので、基本的に無痛分娩の予約は、予約のためだけに恵愛病院に行く必要が出てきます。

もちろん良いタイミングで妊婦健診があれば良いですが、そうでない場合には、予約のために恵愛病院へ!となるわけです。

このタイミングで担当の先生が決定

無痛分娩の予約=担当の先生の決定
となります。
分娩の時の担当の先生って結構重要ですよね。
できれば良い先生に担当になってほしいなぁって思うわけで。

で、通常は36週以降に初めて診察をしてくれた先生が、その後の分娩の担当の先生になるわけなのですが。
無痛分娩の場合には計画分娩となるので、分娩日を決めるためにも先生との打ち合わせが必要。
だから、36週0日目の無痛分娩の予約をしに行った時に、「担当の先生は誰が良いってありますかー?」なんて聞かれて、担当の先生を指定することが可能。
で、指定した先生と診察室で出産日の打ち合わせをして、入院日を確定させるわけですね。

分娩日、誕生日をいつにしたいというのがあったら、予約は36週0日に!

私の場合には、39週に分娩をしたかったんです。
だって40週にかかったら、自然に陣痛がきちゃうかもしれないじゃないですか?
それだと土日だったり、夜間だったり。
そんな時期に陣痛がきちゃうかもしれないわけで。
となると、恵愛病院の場合には無痛分娩で分娩することができないですよね。

だからこそ、ちょっと早めの無痛分娩が希望だったのです。
そういう分娩日への希望があるはずなので、その希望日に予約ができるようにしっかり36週0日目に無痛分娩の予約をしに行ってくださいね。

スポンサーリンク

コメント

  1. 宮崎 明子 より:

    無痛分娩したい