恵愛病院の入院生活【4日目(産後1日目):帝王切開で出産した後…】

経膣分娩で出産した方々とは少々違う入院生活の始まりです。
産後6日間も入院できることもあり、ゆっくり過ごせたと思います。
それではそんな入院生活、4日目のスケジュールです♪

スポンサーリンク

恵愛病院の目玉といえる無痛分娩を諦め、帝王切開で出産!
恵愛病院での入院生活、4日目(産後1日目)!

帝王切開産後1日目、イベントは?

  • 術後初の飲食
  • 自力歩行
  • 赤ちゃんとご対面
  • 入院室の移動

地獄の1日の始まり。。。

帝王切開後のわりには夜中に痛みで悶絶することもなく終わった3日目。
私がこの出産で、一番の地獄となったのは…
出産当日ではなく、産後1日目にあたるこの日でした…

朝から助産師さんはバタバタと

まず朝起きると体温やら血圧やらを測り、採血を。
部屋で待っているだけで助産師さんたちがなんでもしてくれるので、凄いもんです(笑)

んで、尿を袋を取り替えて…点滴を外します。
あれ?点滴を外すタイミングはここだったかな?
ちょっと怪しいですが、この日には点滴を外してもらいました。

術後初のお水!

そうそう。
ここで初めて飲み物を口にすることができました。
1日近く、水を飲んでいなかったので、命の水かと思いました(笑)

10時頃 回診&背中のカテーテル外し

回診は、前日に帝王切開の人たちのところに、先生たちが一番最初に来るようです。
なので、回診が始まるよという放送が入ってから、結構すぐに回診が。
回診では傷の感じを確認したり、下半身の麻痺状態を確認したり。

私の場合は、この段階でもまだ結構左足に麻痺が残っていました。
感覚は多少あるものの、まだ動かせない…という感じ。
そのままだと困るんです。
だってこの日の昼には…もう立つという予定なんですから…(笑)

そのため、背中のカテーテルを外すということになりました。
回診の段階で足に麻痺が残っている人は、カテーテルを外すようになっているそうです。
カテーテルの鎮痛薬は麻痺を残しやすいからだそう。
サクっとカテーテルを抜かれます。
全然違和感なく抜けるので、びっくり(笑)
なんだか、この脊椎関連には驚いてばかりだったような気がします。

歩行前の一休み

そしてそして…回診後に座薬を投薬。
鎮痛薬です。
これから歩行するので、その前に痛みを減らしましょうということらしいです。

昼前 歩行の練習

尿管を外し、歩行開始!

……なのですが、激痛ですよ、激痛。
いやもう…なにこれ?状態。
頑張って身体は起こしましたが、歩けない。
痛みに腰が抜けちゃったみたいで、全く腰が立たない。

痛みとしては…うーん…
切り裂かれるような、あっつい痛み?
いや、切り裂かれたところが痛むんだから、切り裂かれるような、じゃないですね。
きっと切り裂かれた時の痛みなんでしょう(笑)

本来であれば、昼前の歩行で…赤ちゃんに会いに行きます。
しかし私は赤ちゃんに会いに行けず仕舞い…。
痛いし悔しいし…
他の人は全員会いに行ったそうなのに、私だけ…
本当になんとも情けない気分でした。

とりあえずはベッドの上で座っていることに。
横になったとして、またベッドの上に座るなんて…できる余裕がないと思ったからですね。

まぁ昼ご飯もあるので、そのまま座っていました。
昼ご飯といっても、流動食です。
というか、何?重湯ってやつ?
いやはや、なんだこれって感じのやつでした(笑)

そんなこんなで昼が過ぎ、もう一度歩行にチャレンジ!
この時には痛みにも慣れ始めていたので、なんとか歩くことができました…
みんなよりも少し遅い歩行。
ちょい前かがみの状態で、すり足を…(笑)
そして、赤ちゃんを見に行くことができたわけです!

赤ちゃんとの再会…☆

いやぁ可愛い可愛い(笑)
産まれたての時よりも、少し肌の色が良くなったような?
とにかく可愛いなぁって感じでした。

でもまだまだ私の体調が本調子ではないので、さっさと再会は終了。
時間にして5分もない感じ。
さすがに新生児室へ赤ちゃんを何度も見に行く気力もないので、ちょっと寂しいですね。

丸々3日間いた待機室から、入院部屋へ

さて、歩行がうまくいくと、次は部屋の移動です。
今までの待機室から一つ上の階へ行き、入院部屋に入ることになります。
そしてこの日から退院までの6日間。
その部屋でお世話になることになりました。

部屋の移動自体は、歩くのに慣れ始めればなんとかなります。
とはいえ、やっぱり腹筋をできるだけ使わないようにして歩かないと、ホントに激痛が走ります…
トイレが結構辛かったかな?
あと、ベッドから起きあがる動作。
どうしても腹筋を使ってしまう動作なので、しょうがないとは思いますが、ホントに痛かった…

そしてこの日の一大イベントである「歩行」は無事終了。
この歩行というイベント。
病院によっては、もう数日、間が空くそうです。
でもこれだけは…「早く歩き始めるべし!」が恵愛病院。
色々調べてみると、歩き始めが早ければ早いほど、回復しやすいんだそうで。
なので、このイベントが早いこと自体はしょうがないのでしょう。
恵愛病院の愛のむちと思うしかないですね(笑)

経膣分娩の方、羨ましい…

ちなみにこの日は、経膣分娩であれば母子同室が始まる日。
ですが帝王切開の場合には、明日が母子同室開始日。
確かに歩行だけで精一杯なのに、母乳をあげたり、おむつを変えたりなんて…できません(笑)

やっと固形物!少しまともな食べ物

そして夕飯は全粥。
やっとまともな固形物を食べられたような気がします。
美味しいとは感じられませんが、それでもやっとマトモなものを食べたな…という印象でした。

ゆっくりゆっくり…

で、夜です。
通常ならまだ抜かれていないカテーテルが抜かれてしまったので…
座薬の投薬をお願いしました。
痛くなる前に…です(笑)
そして、しっかり眠れるように…。

次の日から母子同室が始まりますので、できるだけゆっくり寝ないといけなかったのです。
ちなみに帝王切開の場合、この日から夜に誰かと一緒に泊まることができます。
私はこの日は一人でゆったり。
とにかく眠ることに集中。
変な動きさえしなければ、お腹は痛くないので、しっかりと寝られたのではないかなと思います。

そんなこんなで恵愛病院での入院生活、一番辛い日が終わりました。
その後は…案外なるようになるって感じですよ、うん(笑)

スポンサーリンク